96 LINE

the highlights

多機能&高温DSC及び(落体式)熱量計(室温~1600℃)

色々な実験で求められる必要な条件は、時として相反することがあります。例えば、良好な相転移の検出には少ない試料量が求められますが、正確な比熱容量の決定には大きな試料重量が求められます;分析には、一定温度が必要な場合も有れば変化する温度が必要な場合も有ります;使われるるつぼは、開放されている場合も有れば閉じられている場合も有ります。
これらの相反する要求を満たすために二種類のセンサーが開発されました。
MHTC 96 hf-DSCは:
• 金属、合金、鉱物や酸化物の構造転移の解析
• 平衡相図の作成
• 高温での材料の反応性の解析
• 連続或いはステップ法での比熱容量(Cp)の決定
MHTC 96 dropは:
• 等温モードで、落体式熱量測定を使って、各種材料の比熱容量測定、金属浴中の金属の融解熱解析(合金形成)、酸化物浴中の酸化物の解析(複合酸化物形成)、熱平衡の計算等。
• プログラム温度モードでは、大試料用DSCモードとして、DSCセンサーと同様の応用範囲があります。

specifications
96 Line MHTC 96 hf-DSC MHTC 96 drop
測定モジュールの温度範囲(C°) 室温/1400, 室温/1600 室温/1300, 室温/1500
るつぼ容量 (µl) 300/450 5000/5700
最大試料寸法(mm) n/a n/a
感度 7µW 8µW
RMSノイズ 83 µW 330 µW
容量当りRMSノイズ 0,18µW/µl 0,05µW/µl
測定範囲 n/a n/a
features

MHTC 96 hf-DSC
温度範囲によって、二種類のセンサーが可能です:
– MHTC 96 hf-DSC 室温~1400°C: Sタイプ熱電対
– MHTC 96 hf-DSC 室温~1600°C: Bタイプ熱電対

MHTC 96 drop
温度範囲によって、二種類のセンサーが可能です:
– MHTC 96 drop 室温~1300°C: Sタイプ熱電対
– MHTC 96 drop 室温~1500°C: Bタイプ熱電対

documentation


Application notes

This is an extract of our documentation, please register to have access to all documentation



High Temperature & Drop Calorimetry : 96 LINE par SETARAM